15年01月26日

東方縦笛地霊殿のPVなぞ作ってみたぞい


こんばんは。中雑魚です。

今回の新譜「東方縦笛地霊殿」は、全ての楽器を僕、中雑魚酒菜が担当しています。なのでPVを撮るのが割と簡単なんです。面白そうなのでいくつか作ろうと思います。作ったPVはこのページにどんどん追加していく予定です。

CDの音源はmp3を全曲特設サイトで公開してますので興味がある方は是非こちらから

ショップにも依託しています。CDにはハイレゾ音源のダウンロードコードもありますので是非。 メロンブックス / とらのあな / アニメイト / あきばお~こく / D-STAGE / AKIBA-HOBBY / DLsite.com / メロンブックスDL

ダウンロード版はもう少しお待ち下さい。

にゃーん! ~地霊殿は猫屋敷

まず第一弾、「にゃーん! ~地霊殿は猫屋敷」

楽譜は単なるリコーダー4重奏なんですが、布か紙でミュートしたケンガリとカウベルを入れると面白いということに気づき、そこにさらにアイリッシュっぽい楽器を色々追加してみました。このくらい簡単な曲なら僕でもフィドルは弾ける! 学生の頃はベーシストだったのでベースは楽しかったです。Youtubeの動画は楽器名をアノテーションで入れています。

ユメミルコイシ

変な楽器がたくさんの、「ユメミルコイシ」

こいしちゃん!! 最近古楽器をたくさん使った動画を作ってなかったなと。楽器名を入れておいたので気になった方はググるかイベントで代表に聞いてね!

Tierce en Satori

リコーダー12重奏でさとり様!

解説が多すぎて絶対に読めませんね! 動画中の地霊殿のエントランスホールの所、あれ実はフラッターじゃないんですよ。そのうちきちんと解説したいと思います。

14年12月25日

冬コミ参加します。


あなたの町の街角麻婆豆です。

冬コミに参加します。

2日目 東 ネ-34b  婆豆

c87

さて、カットに総集編とかありますが、夏コミ終わって総集編を作り始めたものの、昔のデータや記録が余りにも離散していまして(離散というか当時使っていたソフトが違うというか曲数が半端なく多いと言うか……)、年内中の無理と判断しましたため、当日は総集編はありません。来年の例大祭の発行に向けて動いております。

そこで、しばらく続編を出していなかった「東方縦笛シリーズ」を復活させようと思ったのですが、総集編をあきらめてからの制作では若干時間が足りず、今回はプレビュー版を頒布します。

東方縦笛地霊殿

東方縦笛地霊殿 – 冬コミプレビュー版

プレビュー版はCD-R手焼き、簡単なブックレット付きで500円です。
が! 完成版じゃない手焼きで500円が高いとかブックレットがいらないという方のためにWebでも公開しておきます。ダウンロード

ジャケットは東方縦笛シリーズの定番、春日雪人さんです。いつもはドロワーズ派の僕ですが、東方縦笛シリーズはぱんつと決めています。
2行上のダウンロードできるzip内にはハイレゾDLACも入れています。完成版でないTr. 02と Tr. 04以外は96kHz 24bitでの収録となります。
天狗レボリューションから実験的にハイレゾ配信していますが、イベントで好評との声を多数頂きましたので、今後もハイレゾで配信しようと思います。
また、過去作も全てレコーディングはハイレゾ(44.1kHz 24bit、たまに96kHz 24bit)なので、来年はどんどんハイレゾのリマスター版を発表します。

街角麻婆豆の譜集 III.乾焼蝦仁

街角麻婆豆の譜集 III.乾焼蝦仁

もう1つの新作は譜集の続編です。
これも無料公開しておきます。紙媒体で欲しい方は是非会場でお求め下さい。96Pで1,000円です。

ダウンロード

表紙はいつもと同じく平日さん、さらに楽譜内カットをテケえもんさんと竹巳さんにお願いしました。
また、イタリア語の発想標語の監修をイタリア人のBissolatiさんにお願いしました。

その他の頒布物はまた後日ここに追加します。

 

14年11月12日
aaaaa

ハイレゾ配信始めました。


こんばんは。中雑魚です。

いやぁ、ハイレゾって凄いですね! 最近はハイレゾブームが熱いということで、何枚かハイレゾ配信のアルバムを買ってみました。

やっぱり音質全然違いますね。特にクラシックだと、シンバルとかティンパニが激しいところにコンプをかけなくても音量の小さいところが量子化ノイズに埋もれないので、そもそもマスタリングのやり方が違うように感じられました。

街角麻婆豆とハイレゾ

さて、街角麻婆豆は2007年頃からレコーディングはハイレゾで行っておりました。使用している楽器の特性が特性なので、ヘッドマージンを沢山取るために必ず24bit以上でレコーディングしています。

ですので、昔のアルバムもミキシングとマスタリングをやり直せば44.1kHz 24bitでの提供が可能です。(一部96kHz 24bitなどもあり)

ひとまず最新の「Dancing Phantasmagoria」と「天狗レボリューション」のハイレゾ音源を作りました。CD用に16bitにダウンサンプリングする前の24bitマスターをそのままFLACにしました。

「天狗レボリューション」はオマケとしてカラオケトラックも収録しています。

サンプルとして「La critica」と「正邪の後進」の44.1kHz 24bit FLACを置いておきます。